イボ痔と裂肛の原因と対処について

痔の原因の多くは、お尻の血流の悪さと便の硬さとにあります。
座っている時には、上半身の重みはお尻にかかってくることになります。
するとお尻の血管は押しつぶされたようになり、血流が悪くなることで肛門の弾力が失われます。
その結果、粘膜がうっ血して血液のイボができたり、硬い便をスムーズに通すことができなくなって裂けてしまったりするのです。
そして、イボができた状態のことをイボ痔、裂けた状態のことを裂肛と言います。
イボ痔の場合は、柔らかいクッションに座るようにしたり、お尻を温めて血流を良くしたりすることで、治っていきます。
裂肛の場合は、傷口を刺激しないようにすることで、自然に治癒していきます。
傷がふさがるまでの排便は、酸化マグネシウムなどで腸内の水分を増やし、便を軟化させた上でおこなうことが大事です。
イボ痔の場合は、悪化すると脱肛になる恐れがありますし、裂肛の場合は、肛門が硬化して狭くなることで再発しやすくなります。
そのためどちらも、早めの対処が必要となります。

千葉県の脱肛手術の専門医 その他の症状も診断致します。
痔・脱肛・直腸脱などの症状に。

500円で始めるウォーターサーバー
まずはお試しください

比較してからウォーターサーバーを乗り換える方法
無料で設置してから継続するか決められるので、リスクなく試すことができるんです。

サンプルイメージ1

女性も痔になりやすい状況があります

痔は男女限らず誰でも起こりうるものです。
痔になると、違和感だけでなく痛みや炎症を起こすことが

サンプルイメージ2

自覚症状のない痔であっても軽く見ないこと

おしりの話は一寸憚られることですが、人間の健康にとっておしりはとても大切なのです。
というのも

高齢者が痔を発症する原因について

痔は年齢や性別を問わず、誰でも発症する可能性がある肛門の疾患です。
肛門への過度な負担で皮膚や

Copyright© 痔 All Rights Reserved.