高齢者が痔を発症する原因について

痔は年齢や性別を問わず、誰でも発症する可能性がある肛門の疾患です。
肛門への過度な負担で皮膚や筋肉が損傷してしまうことが痔の発生原因の多数を占めますが、高齢者の場合は排便の際に肛門を傷めてしまうケースがあります。
加齢によって身体機能が低下している高齢者は肛門周辺の皮膚や筋肉の弾力性も落ちているため、排便の際に肛門が損傷してしまうリスクが生じます。
また、汚れが残ってしまうことで生じる肌荒れなどの疾患も痔に繋がってしまいます。
高齢者は体力が低下していることから、痔を発症すると治療に長い時間を要することになります。
また、排便の際に痛みを感じることから便秘になりやすく、余計に肛門に痛みが増す悪循環に陥ることもなります。
肛門に異常を感じた場合は速やかに医療機関で適切な治療を受けることが大切です。
また、高齢者の体調によっては親族が肛門を清潔に保つように気を配ることも重要になります。
毎日の生活の中で肛門は湿気が籠りやすく、負担も大きくなりやすいので常に状態を良好に保てるように注意することが健康的な生活を営むための心得です。

Copyright© 痔 All Rights Reserved.